英会話

外国人に伝わる意外で、おもしろい日本語を元接客業の私が紹介!

ようこそ、このブログへ
まきぬん
まきぬん
ねえ~みんな!今日は英語の面白いネタを用意したよ♪
ラパン
ラパン
いつもまじめなのに珍しいじゃない♬
ジュディ
ジュディ
Oh,マジメ!you’re earnest!
まきぬん
まきぬん
今日はジュディの日本語の勉強にもなるかも♪

さて、それでは『外国人に伝わる意外な日本語5選』いきましょう!

今回は、元文房具店員の私の経験からの日本語5選ですので、好きな人はかなり好きなネタかもしれません♪

 

ジュディ
ジュディ
Here we go!

おりがみ

おりがみ

私がある日、イスラム系の女性の方を接客をしていて、こう英語で尋ねられました。

女性
女性
Little piece……Square…..Make many many little birds…….!!
(小さい一枚の……正方形で……小さい鳥をいっぱい作るやつよ…!)

あまり英語が得意な方ではないみたいですが、私は、

Make many many little birds.で気づきました!

あるものに!

まきぬん
まきぬん
That’s Origami,isn’t it?(それっておりがみですか?)

女性
女性
Oh,Yes!! Origami!!(そう!おりがみよ!)

その後、おりがみコーナーに案内し、おりがみをお土産に買って帰ると言い、

ついでにおりがみの解説本(英語ver)を買っていかれました。

可愛い動物をおりがみで作る本です。

ラパン
ラパン
ウサギもあるかな~♡
ジュディ
ジュディ
I belive rabits are in it. (ウサギはいるよ!)
トーリ
トーリ
そのお客さんはおりがみで鳥を折るかな?

俳句

身近な俳句と言えば、“お~いお茶”のペットボトルによく書いているものだと思いますが、最近は英語の俳句が書いてあるのをご存知ですか?

ある日、ヨーロッパ系の男性が私に英語でこう尋ねてきました。

男性
男性
Do you have a ハイクノオト here?
(ハイクノオトありますか?)
まきぬん
まきぬん
bike sound?……What’s ハイク?
(バイクの音?……ハイクってなんでしょう?)

男性
男性
Haike!……Basyo~,Do you know Basyo?
(俳句!芭蕉!芭蕉って知ってる?)
まきぬん
まきぬん
Oh,Got it! you mentioned HIke! so you are looking for a note for hike,don’t you? Yes,We have that!
(あー!わかりました!俳句ですね!ということは、俳句のためのノートをさがしているということですね!)

男性
男性
Yes!I’ll take it.(そう!それを買っていくよ!)

無事に男性は俳句のノートを買っていきました。

こうして芭蕉は死してなお、歌人を海外でも増やし続けていっているのでした。

ジュディ
ジュディ
Oh,俳句知ってる♬
古池や 蛙飛び込む 水の音
まきぬん
まきぬん
ジュディ。さらに日本語上手になったね!
ジュディ
ジュディ
Thank you so much♡ I love Japan.

 

The ancient pond     (古い池や)
A frog leaps in      (蛙飛び込む)
The sound of the water. (水の音)

日めくり

寒い雪の降っているある冬の日、アメリカ人女性が英語でこう尋ねてきました。

女性
女性
What’s this?(これは何?)

まきぬん
まきぬん
That’s Himekuri! It’s a kind of calendar! tear up pages day by day.
(これは“日めくり”です。カレンダーの一種で、毎日一枚一枚破いていきます。)

女性
女性
Ummm……whats’s this for.I don’t get it.(うーん。これ何のためにあるの?意味が分からないわ。)

まきぬん
まきぬん
I’m for it.It seems ridiculous but sometimes ridiculous things are useful and handy for someone,ren’t they?
(そうですね。私もそれには賛成です。ばかげたものに見えるかもしれません。しかし時々そういう馬鹿げたものが誰かにとって便利で役に立つ時がありますよね?)

女性
女性
That can be.(そうかもね)

そのまま女性は去っていきました。

買ってはいただけませんでしたが、何かを伝えられたかなと信じています。

しかし、日めくりに利便性はないのは事実です。

毎日律儀にめくっている人に私は会ったことがありません。笑

………

ジュディ
ジュディ
………♬(ビリ)

もったいない

日本では、最近でこそスマートラッピングという言葉が生まれ、エコバックや簡易包装などが叫ばれ、地球環境に優しい活動が企業と消費者で行われております。

それは日本に来る外国の方々にとってはわざわざ袋がいらないような、お安めなものや日用品にも定員さんが袋に入れてあげることは理解に苦しむようです。

もっとも、日本のこの慣習をご存知の方が多く、こちらが袋を用意しようとすると、

『Oh!! Mottainai!!』(もったいない!)

と笑顔で冗談交じりに袋を断ってくださることが多々ありました。

『“もったいない”精神は日本が広めたものではなく、外国の方も元から持っているものなんだな。』

と思ったのを覚えております。

フグ

ある日、男女の外国人カップルがインテリア文具コーナーを覗いているのを見て、英語で声をかけてみました。

まきぬん
まきぬん
What can I help you?(何かおさがしですか?)
カップル男
カップル男
For what fish is this object?(この置物の魚の種類はなんですか?)
まきぬん
まきぬん
Um mm,It’s….you know, ah(うーん。それは……)

*実はこの時“フグ”を指す英語が分からず困っていました。笑

H

カップル女
カップル女
That’s HUGU! I know that! I herad that tastes good.
(フグよ!フグ知ってるわ!おいしいらしいわよ!)
まきぬん
まきぬん
!!(……フグ知ってるの!?)

そう言ってそのカップルはフグの置物を買っていきました。

この旅行中にフグを食べてみたいと彼女は彼にねだっていましたが、彼らは知っているのだろうか。フグはかなり高級だということを………笑

この後調べましたが、フグを生で食べるのは日本人くらいで、その趣向性の可笑しさを表すものとしてフグは海外でよく知られているそうです。笑

ちなみに英語では、BlowfishまたはGlowfishとも言うみたいです。

さてさていろいろ面白いエピソードを紹介できたと思いますが、いかがでしたでしょうか?

また何か思い出したり、面白いことに遭遇出来たら書いていきますね。

それでは面白いことに出会えることを祈って、また明日!

まきぬん
まきぬん
あでゅ~